こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越してきました。アメリカで行った場所、食べたもの、経験したことなどの日々の記録。

アメリカでの貯蓄と投資、コロナの影響は?

昨年の8月にAMEX Personal SavingsとVanguardの口座を開設。景気の良かった昨年後半からスタートして、コロナウイルスの影響を受けた今年前半まで…まだまだ短い期間ですが、今の状況と感じたことをまとめてみました。

 

まずはAMEX Personal Savings。普通の銀行口座より利回りの良い、貯蓄用のネット銀行です。口座を開設した際の利率(APY)は2.1%でしたが、その後は数ヶ月おきにどんどん金利が引き下げられ、2020年5月に入ってからはなんと1.3%になってしまいました。。それでも普通の銀行口座と比べればかなり条件は良く、例えばChaseのSavingsの利率は0.01%で、その差はなんと130倍!これ以上金利が下がらないことを願いながら(多分下がるでしょうが…)、今預けてあるお金はしばらくそのままにして様子を見ることにします。 

↓口座を開設した際の記事はこちら↓

www.aikookia.com

 

次にVanguard。我が家はVBIAXという投資信託(Mutual Fund)を毎月定額で積み立てています。これは60%をアメリカの株(VTI)、40%をアメリカの債権(BND)に投資するバランスファンド。債権の割合が大きいので値動きも安定していますが、そのおかげもあって、コロナウイルスで株価が動いた時も安心して見ていられました。4月以降は価格も戻ってきて、現在は投資した金額から1.5%ぐらい増えている状態です。景気の回復にはまだまだ時間がかかりそうですが、ここは仕込みどころかな?と夫婦で相談し、6月からは少し金額を増やして、積み立てを続けてみるつもりです。

↓口座を開設した際の記事はこちら↓

www.aikookia.com 

アメリカは良い金融商品が多く、日本と比べてかなり恵まれた環境。せっかくなので、こちらにいるうちは上手く活用していけたらいいな〜と思っています。

我が家は日本ではセゾン投信で積み立てをしていたVanguardのファンですが、定期的に発信されるCEOのTim Buckleyさんのメッセージは一貫性があって勉強になります。(と、旦那に勧められて観ました。わからない単語も多いですが比較的英語もメッセージも分かりやすい!)

一喜一憂せずに、落ち着いてほったらかし投資を続けていきたいです。

youtu.be