こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

アメリカの本屋さん、Barnes & Nobel Bookstore

Barnes & Nobel Bookstore(バーンズアンドノーブル)は、アメリカ最大の書店チェーンです。息子のお友達へのプレゼントを探していた際に立ち寄ったのですが、とても素敵な場所でした!

今回伺ったのはSchaumburgにある店舗。外観や扉もシックです。

f:id:aikookia1919:20191106213108j:image 

子どもの本のコーナー、入り口がとってもかわいかったです!

f:id:aikookia1919:20191106213146j:image

この店舗では、子どものコーナーがとても広くとられていました。小さいですがプレイテーブルに線路もあります。(小さいと言っても、日本だったらこんなのある本屋さん相当珍しい!)

物語の絵本もあれば、迷路や塗り絵、シールブックなど、言葉が分からなくても楽しめる本も。英語の歌の絵本や、物語を英語で読んでくれる音声つきの絵本もギフトに喜ばれそう。ディズニーのキャラクター本も多かったです。

 

ボードゲームや上質なおもちゃも!

 f:id:aikookia1919:20191106213158j:image

本だけではありません。ボードゲームや、おもちゃもあります。Targetなどスーパーのおもちゃコーナーとは少し違い、陳列も綺麗で厳選されています(定価ですが…)。アメリカでは大きい店舗が多く、物がありすぎて選べないことがあるので、小規模で選びやすい!シルバニアファミリーもCalico Crittersという名前で売られています。なんだか嬉しい!日本のおもちゃは細かくて小さくて本当にかわいいな〜と改めて思います。

カードなどの文房具も売っているので、ギフトと一緒に購入するのもいいかも。

 

スタバも併設!

 f:id:aikookia1919:20191106213230j:image

そして店舗の中にはカフェが併設されています。これはポイントが高い〜!子どもといるときは難しいですが、一人の時間があればぜひ活用したい!雑誌を買って、カフェで辞書片手に頑張って読む…そんな時間アメリカに住んでいるうちに持てたらいいなぁと思います。

 

紙の本が減っている時代だそうですが、図書館とか本屋さんとか、たくさん紙の本がある場所は落ち着くしやっぱり大好き。Amazonで検索しても本は買えますが、本屋さんを歩くと新しい発見があり、ウキウキします。ギフト選びにも最適な場所だと思いました!