こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

Book sale in the library

図書館に行くと、定期的にbook sale(古本市)があるとの貼り紙があります。アメリカは物価が高く、もちろん本も高いので、安く買えるなら嬉しいな〜と思い、見に行くことに。

f:id:aikookia1919:20190917123513j:image
今回訪れたのはSchaumburg 図書館の古本市。

朝9時から開催とのことでしたが、混んでいるかなと予想し、子連れだったので10半ごろ行きました。

会場は地下。いつものメインエントランスとは違う入り口から入って下に降りました。人はそこそこいましたが、混んでいるというほどでもなく、見やすかったです。


図書館にこんなに広い地下室があることにも、古本が予想以上に大量に販売されていることにもびっくり!2部屋と廊下を使って、所狭しと本が並んでいました。綺麗に本棚に収納されている本もあれば、ゴミ箱のような大きなカゴに山積みになっている本も…。

子どもの本棚は空いていて、だいぶ減っていた様子でしたが、それでも何冊か欲しい本が見つかりました!

CDやDVDも売っていました。アメリカのDVDプレーヤーを持っていないので残念ながらDVDは断念。

お値段は、なんとハードカバー1ドル、ペーパーブックは50セントと激安!お支払いは現金で。

f:id:aikookia1919:20190917102851j:image
これにCD1枚買って、6ドル!嬉しい!袋などはもらえないので、バッグを持っていきましょう。

英語の本はなかなか興味を持ってくれない子どもたちですが、少しずつ慣れてくれるといいなという期待を込めて…。私も勉強になるので、絵本を読むのはおもしろい。

この「Watch me throw the ball!」という本は「スーパーぶたさんですよ」という和訳の本をたまたま持っていたので購入。このピギーとジェラルドのシリーズはアメリカで有名らしく、図書館にも何種類も置いてあります。この2人がとっても愛らしくて、あたたかい本なのでおすすめ。


アメリカの図書館の古本市、機会があればぜひご活用ください(^ ^)