こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

日本のテレビが恋しいときは

日本にいたときはアメリカ駐在なんて素敵ね〜楽しそ〜とのんきに駐在妻を羨んでいた私ですが、いざ来てみるとストレスも多いです。もちろん日本ではできない経験もあるし、楽しいこともたくさんあります。

とにかく私の場合は言葉。同世代の日本人の中では、決して英語が嫌いなほうではありませんでした。どちらかというと好きだったと思うし、学生時代は友達と夏休み中海外旅行に行くほど、海外に興味もありました。しかし、英語で話されたことを聞いてなんとなく内容は分かるものの、その返事に、自分が思ったことが100パーセント伝えられない(たぶん半分伝えられたかどうかぐらい)、すれ違う人たちの声かけにいまいち反応できない、図書館や公園で会うママにも勇気がなくてなかなか話しかけられない。(そしてたまに話しかけたらすごい量の英語が返ってきてしまい、戸惑うことも。。)細かいのですが積もり積もって、ストレスに…

それはおそらく子どもも同じ。子どもだからって簡単に馴染めるものでもない。やっぱり努力の末、少しずつ適応していっているんだと思います。

 

ということでストレスが溜まったときは、日本のテレビが見たい!大人も子どもも!

我が家ではどうやって日本のテレビを観ているかというと、インターリンクのMy IPというサービスを使っています。通常のVPNと違って、固定のIPアドレスが付与されるので、混んでいるから繋がりにくい〜!繋がらない〜!という事がありません。

https://www.interlink.or.jp/service/myip/


PC(Mac)とスマホ(iPhone)で設定し、どちらも無事に繋がっています。

このVPNに接続してからNetflixやAmazon Primeを開くと、日本の番組が見れます。ドラえもんやクレヨンしんちゃん、ポケモンにアメリカでも救われています…本当にありがとう。。

ちなみにVPNを切って開くと、アメリカのサービスに切り替わるのでアメリカのNetflixとAmazon Primeも見てます。(息子はまだ英語嫌いですがものによってはアニメは見る…アニメの力は偉大です)

 

アメリカに来たから日本のAmazon Primeは解約するか〜と思っている方、解約する前にお試しください(^ ^)ちなみに私は、たくさん日本語のテレビを観たあとは、満足して、さぁ、また英語も勉強するか〜と切り替えられます。