こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

子ども就学前の健康診断

イリノイ州では就学前に指定の健康診断を受け、結果の用紙を提出する必要があります。

5才になった息子は幼稚園、2才になった娘はデイケアに通うことになったため、初めて病院へ行くことに。

(この3ヶ月、一度も体調を崩さなかった子どもたち。びっくりです)


お世話になったのはこちら。


日本クリニック

2010 S. Arlington Heights Road, #101

Arlington Heights, IL 6000


シカゴ郊外で駐在するご家庭は、一度はお世話になるのではないかな〜と思います。

私も病院で英語で子どものことなど説明するのは相当難しいと思っていたので、日本語で対応してもらえるこちらに迷うことなく連絡しました。

先に電話をしてみたところ、まず健康診断の予約をとるためには一度病院へ来てくださいとのこと。母子手帳や書類を提出したのち、その1週間後以降の日にちで健康診断を予約できます、と。

午後が空いているとのことだったので、平日の15時ごろ予約しに行きました。プリンタがなかったので現地で書類を記入しましたが、事前にホームページからダウンロードして持っていくともっとスムーズだっただろうな〜。子ども連れていくと、書類を書くのすら一苦労。。

でも、日本のテレビが流れていたり、日本の本が置いてあったり、魚がいたりで、子どもたちの間が持ちました。

英語の書類には日本語訳が用意されているし、受付の方も日本語で対応してくださるのでスムーズでめちゃくちゃ安心…!!

渡米してから、子どもの学校のこと、手続関連、家に届く手紙…ほとんどが英語で時間がかかることばかりだったので、全部日本語で対応してもらえる環境がすごーくストレスフリーに感じました!

無事に健康診断の予約は完了。アメリカでは2才も健診があるとのことで、娘の2才健診も一緒にすることになりました。2才健診用に、質問票も頂きました。(もちろん日本語!)


そして1週間後に2人分の健康診断&娘の2才健診。

診断前に書類を記入し、名前を呼ばれたらまずは身長と体重を測定。そのあと全員で別室に移動して、先生に診てもらいます。

日本では先生の部屋に患者が入っていくパターンですが、部屋で待っていると先生が来てくれるパターンでした。

まずは息子から、診察台で口の中を診てもらったり触診したり。日本での予防接種記録を確認してもらい、イリノイ州では5才前に終えていなければいけない予防接種が追加であるとのことで、急遽2本打つことに。日本だと、じゃ次回きてくださいね!となるところだと思いますが、今打ちますね!と言われて私もびっくり。健康診断だけだよ〜、と話していたので、突然注射されることになり息子はパニックで抵抗しまくりましたが、なんとか押さえつけて注射完了。

引き続き娘の健康診断&2才健診。質問票を確認してもらったり、同じく触診など。心配なことなども相談できました。


日本の診察に比べて、かなりゆったり診てもらえるなという感想です。完全予約制というだけあって、全然混んでいないし、この日はお会計までの所要時間1時間半かからなかったぐらい。

日本の1才半健診はみんな同じ日に区役所などで行われるので、待ち時間も長くそれだけでも半日仕事ですが、こんなにサクサク終わるなんて助かるー!!


ところで…渡米前、確か三重県の海外渡航の予防接種に関するホームページに「海外渡航する方は子どもの予防接種記録を英文で持っていきましょう」という記載があるのを見つけ、割と苦労して準備したのですが、シカゴ郊外に限っては全くいりませんでした。。

というか、よく見たら母子手帳の予防接種記録には英語が併記されているから、これでよかったのでは…?

お金も時間もかかったので、事前に問い合わせすればよかったです…。


渡米前は懸念事項で、ドキドキしながら向かった病院。オール日本語対応な上に、受付の方も先生もとても親切で安心!子どもとの海外生活に力強い味方ができました(^ ^)