こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

家族でプールへ!〜family aquatic center〜

シカゴは冬は寒いと聞いてたので、夏は涼しいと勝手に思い込んでいた私ですが、めちゃめちゃ暑いです。

7月初旬現在、毎日30度を超え、日差しが強く、公園で遊ぶのもかなり辛い。。(夜7〜8時頃なら、まだまだ明るいし遊びやすいです)

 

子どもたちも家にいても退屈そうなので、初めてプールへ行きました(^ ^)シカゴ郊外、プールはたくさんあります。インドアもありますが、せっかくいいお天気なのでアウトドアプールにしました。

今回は、パラタイン(Palatine)にあるFamily Aquatic Centerへ。

f:id:aikookia1919:20190716035003j:image

パラタインに住んでいると割引があって、大人は9ドル、4歳の息子は7ドル。2歳の娘は無料でした。

張り切って家で浮き輪を膨らませていきましたが、入口で浮き輪禁止と言われました…残念。アメリカの子どもたちは浮き輪よりこういうのつけるみたいです。↓

 

これは持ち込みオッケーで、ライフベストは貸し出しがありました。

 

更衣室はシンプルで、長椅子、着替えられる個室がいくつか、あとはシャワーがありました。日本のような大きなロッカーはなく、貴重品を入れるような小さいロッカーだけ…でも鍵がついていない。言えば貸してくれるシステムなのかもしれませんが、使いませんでした。

今回は家で水着に着替えてきたので、とても楽でした。着てくるだけでなく、水着のまま帰っている人もちらほら見かけます。濡れないのか謎です。気にしないのかな。

 

中に入ると、プールはビーチのように浅瀬になっていて、小さい子でも入りやすく、お水もとってもキレイ!もちろん深いプールもあります。

浅瀬では大人も子どもも座ってのんびり過ごしていました。プールに浸かりながら本を読んでいる人も。気持ち良さそう!

大きいウォータースライダーだけでなく、赤ちゃん用と子ども用にもそれぞれスライダーがありました。噴水のように水が出ているところもあって、赤ちゃんでも楽しめると思います。

さらに砂遊びエリアがプールの外にあり、泥遊びもし放題!砂遊びの道具も大量に用意されています!娘が喜ぶかと思いましたが、嫌がって遊ばず…。小学校低学年ぐらいの子は泥んこで楽しそうに遊んでいました。

芝生のエリアでは、みなさんビーチタオルを敷いて日光浴。プールにも芝生があるなんて素敵!プールサイドは飲食禁止でしたが、売店コーナーでは机で食事できるようになっています。

日本のプールに行ったときは、レジャーシートやテントを持っていっていましたが、こちらはプールサイドに余るほど椅子があるので不要でした。ところどころパラソルも。

 

それにしても、日本ではママの必須アイテム、ラッシュガードを着ている人は一人もいません…着ないと恥ずかしいと思っていましたが、逆に着てるのが恥ずかしくなってきました。。次回はラッシュガード脱いでみようかな…

 

たっぷり遊んで、帰りの車は子どもたち爆睡。

小さい子連れには、とっても楽しい屋外プールでした!!