こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

4th of July アメリカの独立記念日のイベント

4th of Julyとはアメリカの独立記念日で、意外と祝日が少ないアメリカでは貴重な連休!

 

しかし初めての4th of July、生活準備で予定を立てるどころではなかったので、近場のイベントを検索。

あちらこちらでイベントが開催されるのですが、花火も上がると聞きつけて、Hoffman Estates fireworksで検索してみました。CarnivalとかKids zoneとか書いてあります。よく分からないけどきっと子どもも楽しいイベントに違いない!と、行ってみることに。

 

朝から夜まで開催されているので、昼寝を終えて17時ごろ会場に到着。シカゴ郊外の7月、17時ではまだまだ暑いです。。

 

思っていたよりずっと規模の大きいイベントで、駐車場は割と混んでいました。移動遊園地も来てます!

Carnivalって、踊りながらパレードでもしてるのかと思ってたら移動遊園地のことなんですね。知らなかった。

会場は大きい芝生広場で、フードトラックも来てるしライブも開催されてる!

 

Kids zoneにはポニーが来ていたり、動物とのふれあいコーナーがあったり、ふわふわ(って言いますか?子どもが入って飛べるトランポリンみたいなやつ)があったり、ファミリーフレンドリーな様子。子どもたちも動物に喜んで触っていました!

フードトラックで食事もしましたが、イベント価格でした。おにぎり握ってくればよかった。。

花火の前は遊園地が大賑わいでした!20時ぐらいになると涼しくなってきて過ごしやすい。日が暮れると、遊園地のネオンが綺麗です。

f:id:aikookia1919:20190709001232j:image

大人でも怖そうな絶叫系の乗り物もあって、驚きました。すべり台とかミラーハウスとか、子ども向けのアトラクションもいくつかありましたが、怖がって入らず残念…。

1つのアトラクションはだいたい4〜6ドルで、チケット売り場で1枚1ドルのチケットを複数枚買う仕組み。乗り放題のチケットも売っていました。屋台でできるゲームもあって、子どもたちも喜んで参加していました!こちらは現金で払う仕組みでした。

 

21時半からは花火!ちょっと子連れには遅いですがなんとか粘りました。花火は全世界共通ですね。とっても綺麗でした〜(^ ^)

f:id:aikookia1919:20190709001306j:image

そして花火のあとの帰宅ラッシュも、全世界共通!早めに出るのがおすすめです。花火終盤になると、もう撤退してる方がちらほら。

 

アメリカのイベントは会場が広いので、今回はベビーカーやワゴンを持っていかなかったのが失敗でした…。娘の抱っこ(さらに4才の息子も抱っことか言うし…)に夫婦でゲッソリ。みなさんアウトドア用の椅子やレジャーシート持参で、のんびり楽しんでいました。私も、常にワゴンとレジャーシート、外遊びの道具も車に積んでおこう!と決意しました。

 

帰りの車の中からも、あちこちで上がっている花火を見ることができました。

独立記念日をこんな風にお祝いするなんて、楽しくていいですね〜(^ ^)