こどもと暮らすアメリカ

イリノイ州シカゴ郊外に、旦那の転勤で家族で引越し。アメリカで行った場所、食べたものなどの日々の記録。

LEGOLAND Discovery Center Chicago

日本にもありますが、今回はSchaumburgにあるレゴランドディスカバリーセンターをご紹介します。

LEGOLAND Discovery Center Chicago

601 N. Martingale Road, Suite 130 Schaumburg, Il 60173

https://chicago.legolanddiscoverycenter.com/

 

チケット

定価は一人24.95ドル(2020年1月現在。結構高いですよね…)ですが、オンラインで買うと少し安く買えます。我が家は近所なので年パスを購入して、何度か遊びに行っています。 2才の娘はチケットはまだ不要なので助かります。

MINILAND

f:id:aikookia1919:20200130044310j:image

入り口すぐのところにあるコーナー。シカゴのダウンタウンをレゴで再現しています。1月初旬に行ったときはまだクリスマスバージョンで、ミレニアムパークのスケート場も作られていました。パレードにはスポンジボブも登場。とってもかわいい〜!ボタンを押すと動いたり音が出たりする仕掛けがあるので、子どもも喜びます。

f:id:aikookia1919:20200130044456j:image

サンタの格好をしたヨーダも発見!細かいところまで作り込まれていて、見れば見るほど面白い。私はこのコーナーが一番好きです。

JUNGLE EXPEDITION

f:id:aikookia1919:20200130044606j:image

続いてレゴで作られたジャングルを通ります。大きい動物たちがレゴで作られていて、こちらもすごいの一言!どれだけの時間が費やされているのだろう…と思いを馳せたりします。子どもたちは暗いので少し怖がりつつも、レゴでできた猿やワニに驚いていました。

KINGDOM QUEST

的に銃を向けてレーザーを当てるという、テーマパークによくあるシンプルなシューティングゲーム。休日に行っても5分から10分ほど待てば乗れる程度の混み具合でした。私たちが乗ったときは、前後合わせて4人乗りのライドのうち、まさかの3つの銃が壊れていました。一応降りたときに係のお姉さんに伝えましたが、その後特にチェックする様子もなく次のお客さんも乗っていたような…おいおい。。 世界観の作り込みは、有名テーマパークには敵わないかな〜と思います。

RACERS BUILT&TEST

f:id:aikookia1919:20200130044822j:image
続いては2階です。息子が一番好きなのはここ。レゴで車輪のある乗り物を作り、坂道を転がすというコーナー。パーツはたくさん用意されているのですが、たくさんありすぎて必要なパーツを見つけ出すのは相当困難…。しかも頑張って作ったところで、下まで降りたときにかなりの高確率で壊れてしまうので、いつも車輪2つだけで走らせています。それでも楽しいようなのでよし。

バラバラになった車の残骸のパーツがそこら中に落ちています。こういうの来た当初はとても気になりましたが、アメリカあるあるですかね…少しずつ慣れてきてしまいました。

 PIRATE ADVENTURE ISLAND 

f:id:aikookia1919:20200130044947j:image

すぐ隣にはアスレチックコーナー。息子は坂道の次にここが好き。休みの日はいつも混み合っています。でもお城や船の形になっていて、かわいい。大きいレゴブロックもあるので、基地のようなものを作って遊んでいる子どもも多いです。

f:id:aikookia1919:20200130045552j:image

その隣には乗り物も。所狭しとコーナーが用意されています。

 

そのほか、メガネをかけると立体的にみえるムービーがあったり、別料金で短いレゴクラスもあります。

カフェには簡単な軽食、ピザやジュースが用意されています。年パスがあると割引もありますが、結構高めの値段設定。持ち込んで食べても問題なさそうです。

 

近所なので気軽に行くには楽しいレゴランドなのですが、お値段を考えると、旅行などで来るには少し勿体ないかな…?とも思います。実際に足を運んでみると、ホームページで見るよりは小さい印象を受けます。

季節によって少しずつ置いてあるレゴも変わるので、年パスを買って何度も行く分には楽しい!丸一日遊ぶわけではなく、うちは一回2時間ほど立ち寄りに行くぐらい。

 

お出かけ先の参考になれば幸いです(^ ^)